相続専門相談所

スポンサードリンク

相続専門相談

2015年には相続税についての税制が変わりました。特に都心に土地を持っている方は、増税になっています。相続してからでは財産が減ってしまう可能性が高いのです。だからこそ早めの相続税・贈与税対策が必要です。

 

 

2015年以降、相続税とは無縁だった人が大きく課税されています。

 

両親が都心に自宅やマンションなどの不動産を持っている人の場合、相続税が2倍以上になることもあるようです。相続問題が原因でそれまで仲が良かった兄弟姉妹が、争うようになり疎遠になっていくと言う事はよく聞く話ですが、あなたにも起こるかもしれないのです。相続ではなく家族間の【争族】にならない様に早めの対応策をすることをお勧めします。

 

自社株や不動産の資産がある場合
生前贈与を考えている人
孫に教育資金を贈与すると良いと聞いた事があり興味のある人
贈与税なんて関係ないと思っている方

 

慌てる前に相談
無料相談で納得してから契約できるのが嬉しい
税理士を変更希望の方は『税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント』をお勧めしています。
初めての方もお申し込み可能です!

相続とは

相続と言う言葉は、知っているようで分かっていない言葉だと思います。では、相続とは一体どんな言葉なのか!自分の親が亡くなった時に、子供などの相続人が親の財産(借金)などの権利義務を引き継ぐ事です(例外もあります)。そして、その子供が引き継いだ財産がある一定金額以上である場合、相続税が加算されることになるのです。

 

相続には、民法と相続税法と言う、2つの法律が関係しているのです。私たちは、日頃この法律に対して、なじみがありませんがそれでも、親が亡くなると言う事はこの法律と直面すると言う事なのです。
亡くなってから、悲しみに暮れている事よりも色々な法律関係の手続きや、お金の整理などを行わなくてはなりません。もしも、親が亡くなったらどんな手続きが待っているのか、自分では知らない事が沢山あると感じるならば、早いうちに親としっかりと話し合う事が良いのだと思います。

 

 

遺産を受け取れる人は誰?

 

法律で遺産を受け取れる人というのは決まりがあります。
その人のことを、法定相続人と言います。

 

配偶者や子供、孫などです。

 

ですので、相続を始めるうえで必要なのは誰が相続人なのかを確認する作業になります。自分たちはしっかりした戸籍を分かっていると思っていても、思わぬ人物が出てくることもあるので、争続と言われることがあるのを分かっておいてほしいです。

 

また、相続というのは、プラスの財産だけではなくマイナスの財産も相続することになるので、借金がある場合は早めに、相続を放棄するのか受け継ぐのかも決めなくてはなりません。相続放棄の手続きは、自分がその相続の事を知った日から3か月と決まっていますので、慎重かつ迅速に手続きする必要があります。

 

 

 

慌てる前に相談
相続贈与

相続 税 対策

相続税の対策をしておくと、いざという時に困らないのですが、そうは言ってもどうやっていいのか、やってみたいことはあるけれどそれが本当にいいことなのかどうかわからないと言うのが本音ではないでしょうか?

 

法律が絡んでくるからということが一番ハードルが高く感じることだと思います。ここ最近も、贈与税についての法案が通りそうな案件がありますから、それがいつ施行されているのか、自分には当てはまるのかを考える事は素人には難しいです。

 

そんな時に、相談しておくといいのが相続や贈与専門の税理士さんです。知り合いの税理士さんではないです。相続や贈与のことは専門分野になるので、出来るだけ専門知識を理解している税理士さんとお話ししたほうが良いと言うことからです。